トップページマンション建設・改修工事事業

マンション建設・改修工事事業

MANSION CONSTRUCTION

マンション新築工事

当社は10階建程度の小規模マンションの建設を得意としております。
その中でも、長年のコンクリート工事で培ってきた経験と技術力を活かした 鉄筋コンクリート造マンションにつきましては、特に自信があります。
鉄筋コンクリート造は減価償却資産の耐用年数も長く、マンションの価値を長く保つことが出来ます。
また、実際の耐久力も鉄骨や木造に比べて非常に高い為、何十年も経った後でも リノベーション工事を行うことで、施工費用のかかる建物の骨組み(躯体)を残したまま、新しい価値を生み出すことも出来ます。

「高級感を出したい」「スタイリッシュにしたい」「コスト重視でシンプルに」などお客様の要望に合わせたご提案をさせて頂きます。
「マンションを建てたいけど、専門用語も良く分からないし、打ち合わせについていけるか不安…」というオーナー様も、丁寧に・気軽に相談出来る体制を整えておりますのでご安心下さい。

大規模修繕工事、
改修・リフォーム工事

分譲・賃貸マンションから店舗・事業所まで、大小様々な修繕工事に対応可能です。
改修工事はタイル・塗装・シーリング・防水など様々な工事がございますが、経年劣化などにより約10年で改修工事の時期となります。
10年以上経過しますと、劣化に伴い様々なリスクがございます。

photo
タイル
地震等で建物が動くことにより、タイルが孕むことがあります。この状態が続くと、タイルが落下する危険があります。高層階であるほど、落下速度が増すためより危険な事故に繋がるリスクがございます。
また、何らかの原因によりひび割れを起こすと、亀裂から水が入り漏水の原因にもなります。孕み・ひび割れを起こしているタイルを一度剥がし、(ひび割れ部分には防水処理を施し)張替えを行うことで、それらの危険を取り除くことが出来ます。
photo
塗装
塗装は外壁・内壁・鉄部など様々な場面で使われております。経年劣化に伴い色が徐々に落ち、耐久性や見た目に影響していきます。定期的に再塗装を行い清潔な外観を保つことで、対外的な印象も良くなり集客力の向上にも寄与します。
photo
シーリング
シーリングは構造物(躯体)の防水性や気密性を保持するために、継ぎ目・隙間に充填するものです。経年劣化に伴いその機能が失われていくため、漏水の原因やタイルの孕みに繋がります。雨水や地震の揺れによる建物へのダメージを軽減する役割として、とても重要な部分であるため劣化箇所は早めに修繕を行っておきたい部分です。
photo
防水
シーリング以外にも、防水処理の工法はいくつもあります。屋上やバルコニーなど、水が屋内に侵入する恐れのある箇所への防水処理は大変重要です。大半は屋外に処理を施しているため、雨風に晒され徐々にその機能を失っていきます。屋内に水が浸入すると、電気がショートして火災が発生したり、浸水した部分の内装や建具が腐食したりカビが発生したりと、二次被害が多岐に渡るため、予防的に修繕工事を行っていきたい箇所です。

「色々と経年劣化が激しいのでとりあえず直したいけど、どこまで手を付ければ良いのか分からない」と漠然とお悩みの方も、弊社スタッフが一緒に現地・図面を見ながらご提案致します。

photo

主な施工のながれ

ここでは外壁の改修工事を例にしております。

  1. 01

    ご依頼

    お客様から電話、メール等でご依頼を頂きます。

  2. 02

    お打ち合わせ、現地調査

    どんな建物なのか、どんな状況なのか。一度お話を伺い、現地調査を行います。

  3. 03

    お見積

    見積書をお客様に提出し、ご納得頂いてから工事を進めていきます。

  4. 04

    足場組立

    外壁等、人の手が届かない場所への施工の場合、足場を立てます。状況によっては高所作業車やゴンドラ等を使用することもあります。

  5. 05

    打診調査

    タイルやモルタルの表面を専用の道具で叩き、タイルや下地モルタル等に浮きがある場合に生じる打撃音の変化により、浮きの場所と程度の調査を行います。

  6. 06

    各種施工

    調査が終わるといよいよ施工開始です。タイル張替え、シーリング、塗装、防水の順に1つ1つ丁寧に施工していきます。

  7. 07

    検査

    施工完了後、不備が無いかしっかり検査を致します。

  8. 08

    足場解体、お引渡し

    足場を解体し、お客様に最終確認して頂き工事完了です。